「吉相墓」入門|墓の吉相|「吉相墓」は、感謝の心を形にする「報恩感謝の墓」|建立者の報恩感謝
祭祀研究家 竹谷泰則

㉔建立者の報恩感謝

 「吉相墓」は、建立者の名を刻入しますが、その建立者の心が重要です。
 如何(いか)に吉相に整え、ご先祖様を手厚く祀る墓を設計しても、肝心の建立者(家長)が納得せず、例えば、夫が納得しないのに、妻が無理して強引にお 墓を建てても、あまり良くありません。その石塔に刻む建立者の心が重要だからです。
 祭祀承継者である夫が、先祖と父母を敬わず「親と不仲なので供養したくない。」とか、手厚く祀ることを理解せず「子孫の手間になるから永代供養墓が良い、墓相なんかどうでもいい。」など、不満がありながら建立しても、良い結果は期待できませんし、折角お墓を建立しても、墓守せずに結局墓じまいしたりすることになります。
 その様な場合は、夫を時間をかけて粘り強く説得するか、子の代に建立するなど、建立者となる方が納得するまで、「吉相墓」の建立を待つ方が良いと思います。
 先祖供養は親孝行であり、ご先祖様への報恩感謝ですから、建立者がご先祖様に感謝して、祭祀して行くことが大切です。

 「吉相墓」は、親の墓(夫婦墓)を子が建立する「親孝行の墓」です。お墓が家庭で相続されて行くようにするには、家族が吉相を理解して祭祀して行く必要がある。
 「吉相墓」は、ご先祖様を第一に考えます。ご先祖様に厚くして根を養ってこそ、枝葉の子孫が繁栄します。
 お墓の建立者が、家長として中心の力です。建立者は承継者の一人にします。
 代々、子が親に養育を感謝して報恩に石塔(夫婦墓)を建立し、供養することにより徳を相続して、ご先祖様の加護により繁栄し、さらに次の相続(祭祀承継者、及び建立者)が求められて子孫が続く形です。
 供養を勤めると共に、子孫繁栄などを願います。家庭運が良くなって行くには願いも必要です。求めるから得られる面もあります。自助努力し、吉相の良い影響と、ご先祖様の守護と、お陰を頂きます。
 先祖の祭祀を主宰するのは家長の権限であり、日々の先祖の祭りに御給仕するのは主婦の勤めです。作法を正し、正しく祭って行って下さい。

墓の吉相


「吉相墓」は、その他にも吉相なる事が込められて、設計・建立されています。