「吉相墓」入門|墓の吉相|「吉相墓」は、凶を避けて吉に付く「吉相の墓」|㉕報恩感謝に祀る
祭祀研究家 竹谷泰則

㉕報恩感謝に祀る(心が相に表れる)

 先祖の祭祀で大切なことは、ご先祖様に対する子孫の感謝の心です。生を父母より受けた私達は、父母やご先祖様に感謝するのは当然でしょう。
 「吉相墓」は、子孫の親とご先祖様に対する‟感謝の心”を形にしてお祀りします。
 もし、亡き親の“趣味の心”や“職業”を形にして祀ると、将棋型や楽器、または酒樽などの「デザイン墓」になってしまいます。それはご先祖様を祀る先祖供養の墓ではありません。
 「死んだら自分は墓はいらないから、散骨してくれ。」では、「墓なし」の家庭になります。
 家族の不仲の心。例えば「親と仲が悪かったから関わりたくない。」とか「死んだら家の墓に入りたくない。」などの‟不仲の心”を形にしてお墓を造ると、祀り抜けがある「不仲の墓」となってしまいます。子孫はその不仲を相続し、いずれ相続者がそれを正すべきことになります。
 「親の恩は海よりも深く山よりも高い」。先祖供養は親孝行であり、ご先祖様への報恩感謝ですから、お墓の祭祀はそれぞれの感情で祀るものではなく、感謝の心で祀るべきご先祖様をお祀りし、子孫への願いを込めて建立するものです。

 「吉相墓」は、‟不仲の心”をすてて、建立者の親とご先祖様への‟感謝の心”でお墓を設計して、供養塔に「〇〇家先祖各霊菩提」として、ご先祖様をお迎えします。そして、祀るべき父母先祖の幽界の名である戒名(霊名・法名・諡)を、石塔に刻んで顕界(げんかい・この世のこと)に顕現(けんげん)し、‟霊を祀る「供養の墓」”を建立して供養します。
 報恩感謝し冥福に、吉相を施し手厚く祀り正しく祭る、吉相の菩提です。
 「感謝の心で、手厚く祀るように建立することが、感謝の心をお墓という物質の形にして、報恩したということです。」
 心は形に表れます。
 「吉相墓」は、ご先祖様を手厚く祀り、子孫の繁栄と家系の安泰を願う大切な家の根であり、ご先祖様への感謝の心を形にしたものです。

墓の吉相


「吉相墓」は、その他にも吉相なる事が込められて、設計・建立されています。